オフィシャルホームページはこちら http://www.abcphoto.jp/
PONY WORK
 数年前から続けている、アーティストPONYとの作品撮り

今回はカンボジアの美術館に納められているタペストリーと、オリジナルシルクを使い、ブッダをテーマとしたもの。

- comments(0) trackbacks(0)
戦う人
 ここのところ、あまり撮ってなかった「戦う人」の撮影希望者の募集をさせてください。

ご存知でない方にこの企画の説明を簡単にさせていただきます。
「戦う人」とは、そのままの意味で、誰しも何らかの事柄や立場と日々戦っていると思います。
その戦っているその人の「根っこ」が表出した時の顔、本質の表情を僕のライフワークとして撮らせていただいてます。
これ以上、詳しいことはお会いしてお話しますが、撮影させていただいた方々は皆、心の通じ合った友人になれたと思っています。(僕だけかもしれませんが^^;)

(詳細)
・撮影前に30分〜60分くらい、互いに何と何のために戦っているのか、本音でお話させていただきます。

・写真は僕の作品として公開前提です。なので撮影料は一切いただきません。
もちろん写真もお渡しさせていただきます。

・撮影はワンショット、1/160秒で終わります。一回しかシャッターを切りません。

・プロフやビューティー撮影ではありません。シワ・シミ・吹き出物、そのままです。

撮影させていただく方の生き様を撮る企画ですので、所謂、表面的な「きれい」「かわいい」「かっこいい」ではありません。
性的な美しさではなく、人間的な美しさを撮りたいのです。
髪型、服装は、ほぼ写りません。

そして、上記にも書いていますが、僕の作品として使用するのが目的ですので、お名前は公開しませんが、肖像は公開されます。
現に年末年始のTV・CMで、赤司の作品として公開されたカットもあります。
また、不確定ではありますが、写真集、写真展での使用も考えています。
もちろん、皆さんにも将来的にご都合が悪くなることもあるかもしれませんので、使用目的がハッキリしましたら、改めて事前に承諾をいただいた後に使用させていただきます。

ご協力いただける方、ぜひ撮らせてください!!!

フェイスブックのアカウントをお持ちの方は、これまでの撮影データが下記Linkからご覧になれます。

https://www.facebook.com/akashi.kengo/media_set?set=a.318689611513298.67795.100001167862902&type=3



光画師 comments(0) trackbacks(0)
新年のご挨拶
 明けましておめでとうございます!

昨年からabcは何のスタジオかわからんようになってきておりますが、今年もしっかりと写真に向き合っていきたいと思っておりますので、皆様なにとぞ宜しくお願いいたします!!


office comments(0) trackbacks(0)
表現の猛者達
 こんにちは!
赤司です。


先日、久しぶりに作品撮りをしました。

ヘッドクチュール PONY

ドレスデザイン ERIC RAISINA
ヘアーメイク 文香さん
モデル 奈月ちゃん

必然性に則った意図
その意図を一流の表現者達がそれぞれの技術と感性で具現化していく。

僕はそれを記録することしかできません。
しかし、記録者として彼らのイメージを形に残せることを心から光栄に思うのです。








光画師 comments(0) trackbacks(0)
アー写 ジャケ写
 年末も近づき、随分と余裕が出てきました。

赤司です!!


今年は、2組のアーティストさんのCDジャケットを撮影させていただきました。
モノやサービスを売る広告写真も楽しいんですが、アーティストや楽曲の世界観を表現する、CDジャケット写真(ジャケ写)は、音楽を齧った僕が大好きな撮影のひとつです。



Ilmano Magico
ピアノ、ヴァイオリン、チェロのトリオ





中西 久美
フルート奏者 CDは楽曲ごとに著名なアーティストが参加





文章力が無いので、具体的な説明ができませんが、とにかく素晴らしいです。

CDはこちらで購入できますよ!

「Il Mano Magico」
http://www.ilfiume.jp/

「中西 久美」
http://www.nakanishikumi.com/





撮影業務 comments(0) trackbacks(0)
成人記念=20歳の記念
 女性であれば多くの方が経験する成人式の前撮り

うちでも年間数十組撮影しますが、今年も面白いご依頼が多くあります。

今回はそのうちのひとつ、

海外に留学する仲のいい友人と一緒に撮影したい。
できれば、二人の思い出の場所や、好きな場所でロケもしたい。

そんなご依頼でした。

振袖で残すのはもちろんなんで、せっかくだから私服でも撮ろうということで、普段着も用意してもらいました。





















撮影は残すことにも意味がありますが、せっかくなんでどうせなら楽しんでもらいたいですね!
撮影業務 comments(0) trackbacks(0)
アー写
 8月はアー写の多い月でした。

アー写というのは「アーティスト写真」というヤツで、アーティストのプロモ用の写真です。

先週末は、福岡にある親不孝通りにて21:00〜スタート。
24枚撮りフィルム3本で勝負。

いやぁ〜楽しかったなぁ。





最近思うことだけど、デジタル時代になって、フィルム回帰的な風潮が蔓延してきている。
いいことだとは思うけど、どうもフィルムで撮ることが手段ではなくて、目的になってるような写真も増えてて、なんだかなぁって感じ。

せっかくデジタル・フィルムと選択肢があるのなら、手段として使い分ければ表現の幅も広がるんじゃないかと思います。

- comments(0) trackbacks(0)
なぜ懐かしいのだ?
 最近、東京に行く機会が多い。

なぜか行くたびに懐かしい。
不思議だ。


- comments(0) trackbacks(0)
婚礼前撮り


 最近の前撮りでは和装が人気ですよね。

そこで、一般的に意外に知られていないのが、和装の「振り付け」
「型物」と呼ばれる、比較的キチッとした写真では、この「振り付け」が行われます。

これは、着物が美しく見えるように、型紙やクリップを使って形を整えるもので、昔から行われてきた撮影の形ですが、最近はあまり知られていません。


結婚式ではドレスしか着ないから、和装は前撮りで撮りたいという方は多いのですが、キチンと「振り付け」をして撮っておかなきゃもったいない。
振り付けがされてる写真と、されていない写真は、着物の美しさがまったく違いますので、和装での前撮りをお考えの方は、撮影前にカメラマンに必ず確認した方がいいでしょう!!



ちなみにこの写真は、型物ではありません^^;
撮影業務 comments(0) trackbacks(0)
ラッキー
 僕は写真に関してはホントにラッキーだと思います。

特に風景写真の依頼が来たときなど、スケジュールや納期が限られていたりする時は、このラッキーに助けられています。

- comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/23 | >>