オフィシャルホームページはこちら http://www.abcphoto.jp/
2017年 新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。

昨年は東京・福岡と行ったり来たりの年でしたが、お陰様で大変充実した1年になりました。
本年も写真を通じた素晴らしい出会いを期待しております。
何卒よろしくお願いいたします。
office comments(0) trackbacks(0)
プロカメラマンとアマチュアカメラマンの本質的な違いについて

今回はよく質問を受けるカメラマン業界について。

 

よく
「デジタルになって、いい写真がだれでも簡単に撮れるようになるとプロの世界は厳しいんじゃないですか?」
といったニュアンスの質問を受けます。

 

たしかに、まったく的外れな質問ではありませんが、細かく答えようとすると長くなっちゃうので
「まぁ、そうですねぇ〜」などと曖昧に答えてることも多いんですが、今日はその長くなる部分をちゃんと書いておこうかと思います。


写真の仕事というのは、何らかの情報を伝える必要性があったり、記録に残す必要性によって存在します。
そういった部分では、モニターを見ながら撮影できるデジタルカメラの昨今、プロとアマチュアカメラマンの差は大きくありません。

 

しかし実際には写真だけを生業にしているプロカメラマンは多く存在します。
※ここでいうプロカメラマンとは、商業カメラマンという括りで説明し、自己表現としての作品を撮影する写真家とは分けて読んでください。

 

簡単にプロとアマの違いを説明するなら、

 

(プロ)
・イメージ通りに1発で撮れる
・ミスがない
・出来上がりの判断はクライアント


(アマ)
・撮りながらイメージするからカット数が多い
・ミスが多いから沢山撮った中からいいものを選ぶ
・出来上がりの判断は自分

 

ということが挙げられます。


結果(写真の出来)だけでは、プロとアマの差は分かる人にしか分かりませんが、出来上がるまでのプロセスには大きな差があります。

アマチュアと違って、プロの撮影現場では多くの人が関わります。
すると自ずと撮影スケジュールがきめ細かく設定されます。
プロは決まった時間の中で、クライアントが納得する写真を確実に撮ることが要求されるので、無駄なカットはほとんどありません。


よって、プロとアマの差というのは、感性ではなく確実性の差です。
もちろんプロの中にもその差はあって、その差がプロの中でも上手いか下手かの判断になりますが、アマの世界が沢山選んだ中の1枚で判断するのに対し、プロの世界で結果の他にプロセスも重要だということです。


またこれは個人的な考えですが、感性(センス)というものに「有無」は無いと思っています。
人それぞれ、経験や環境が違う以上、見る人にフィットするか否かであって、センスが良いとか、悪いとか単なる嗜好の違いでしかありません。
よってプロとアマの間に感性の差は無く、単に違いがあるだけだと思います。


昨今の時代背景でプロに求められるものとは、クランアントの意向を汲み取れる能力と、そのイメージを確実に形にする知識と技術です。
そういった意味で、プロとアマには結果的な写真の善し悪しではない部分に大きな「差」があるということになります。


では、プロとアマのその「差」はどこから違ってくるのか?

アマは基本的に独学のため、自分の興味のある部分や、撮りたいイメージのために知識をつけます。
一方プロの場合下積み時代があり、この下積みの現場もしくは学校などで、自分に興味があるなし関係なく、あらゆる状況で必要となる知識を体系的に学び実践で鍛えます。
要するにアマチュアの場合、極論ではありますが体系的な知識がないので方程式がなく、たまたまいい写真が撮れたものだけ人様に見せているということです。

 

ちなみにこの写真は、ベルギーで2年に1回行われるフローリストの世界大会で出品された作品用の撮影で依頼されたものです。
植物はもちろん生花ですので、時間が経てばだんだん型崩れするので撮影時間は僅かです。
僕はフローリストさんが制作する過程の作品を見ながら鏡面に写込むことを提案し撮影したのですが、作品が出来上がり次第とにかく早く撮りあげなきゃと思い、セットを組む間、頭の中は仕上がりのイメージをするのにフル回転でした。
撮ったのは確か3カットくらいだったかと思います。
おかげでこの作品は金賞を受賞されました。

ひとつ書いておかなきゃいけないのは、ここまで書いてきたことはアマチュアを卑下する意味ではありません。


そもそも自分の好きな写真を撮るアマチュアと、他者のために代金をいただいて撮るプロと比べることはナンセンスです。


ただ、こういった事を、世間話の流れで話すのも大変なので、これから「ブログを読んで下さい。」

と言えるように書いたもので他意はありませんので、ご理解ください。

school comments(0) trackbacks(0)
武藤昭平withウエノコウジ Live

ずっと会いたいと思っていたミュージシャンにフォトグラファーとして会うことができた。

武藤昭平withウエノコウジ
楽屋で作品を見ていただきながら「せっかくだから飲みなよ」と言っていただき、毎度のことながら飲みながら撮影するという贅沢な時間を過ごせた。
ライブも半分はMCということで、ウエノさんの(意外に)軽妙なトークと、武藤さんの(意外に)可愛い返しが微笑ましく、かつ演奏となると流石の迫力で、お客さん達の盛り上がりも最高のLive。
年齢や音楽的ルーツも近く、元々ファンの一人でもあったため、最高の日となりました。

 

 

 

 

- comments(0) trackbacks(0)
コンポジ
 こんにちは!!
abc代表カメラマン 赤司です。

年末から春にかけてコンポジやプロフィール撮影が多くなってきます。
特に福岡は九州一円からモデルさんが集まっていて、全国的にも質の高い方が多く、福岡でしっかりと基礎を学び、東京で活躍するといった流れができています。

今回ご紹介するマリエちゃんもその一人。
彼女が十代の頃から色んなお仕事でご一緒させてもらってきましたが、残念というか嬉しいというか、もうすぐ東京に行くということで、福岡では最後のコンポジ撮り。

東京でまた一緒に仕事できたらいいなと思ってます。







撮影業務 comments(0) trackbacks(0)
シーズン
 9月に入り、一気に婚礼シーズンになってきました。
お久しぶりです。代表の赤司です!

このシルバーウィークは特にカメラマン総出で九州各地を飛び回っております。

そしてこれからは、結婚式だけではなく前撮りもシーズンを迎えます。
そこで今回は、前撮りのお話。

前撮り(前写しともいう)は、結婚式当日では、なかなかゆっくりと撮影する時間がないことから、結婚式前にゆっくりと写真に残そうといったことから始まりました。

しかしabcの前撮りの考え方は少し違ってて、当日バタバタ云々もありますが、どちらかと言えば、独身時代の記念写真と考えて撮影しています。

今は一億総カメラマン、カップル時代の2ショット写真はみんな沢山撮ってますが、なかなかプロカメラマンから撮られることはないでしょう。
できるだけ自然体で、将来見返しても自分たちらしいと思えるような形にこだわってて、日常にない大げさなポージングや、笑顔の強要はまったくしません。
手抜いてるわけじゃなくて、新郎新婦のありのままを残さなきゃ勿体無いと思うんですね。

写真は鳥栖のDRESS CLOSETさんにて
http://www.d-closet.jp/

もちろん衣装はこちらでレンタルされたものですが、ロケーションもお店の敷地なんですね。ホント素晴らしいところでした!!













ここからは、秋月城跡 ↓



最後にabcスタジオで普段着と私物で







撮影業務 comments(0) trackbacks(0)
婚礼和装2015
 婚礼衣装・ヘアメイクのプロモーション撮影でロケ

初めての竹林、往復3時間
大量の蚊の攻撃で、撮影は10分そこそこで終了!

撮影業務 comments(0) trackbacks(0)
PONY WORK
 数年前から続けている、アーティストPONYとの作品撮り

今回はカンボジアの美術館に納められているタペストリーと、オリジナルシルクを使い、ブッダをテーマとしたもの。

- comments(0) trackbacks(0)
戦う人
 ここのところ、あまり撮ってなかった「戦う人」の撮影希望者の募集をさせてください。

ご存知でない方にこの企画の説明を簡単にさせていただきます。
「戦う人」とは、そのままの意味で、誰しも何らかの事柄や立場と日々戦っていると思います。
その戦っているその人の「根っこ」が表出した時の顔、本質の表情を僕のライフワークとして撮らせていただいてます。
これ以上、詳しいことはお会いしてお話しますが、撮影させていただいた方々は皆、心の通じ合った友人になれたと思っています。(僕だけかもしれませんが^^;)

(詳細)
・撮影前に30分〜60分くらい、互いに何と何のために戦っているのか、本音でお話させていただきます。

・写真は僕の作品として公開前提です。なので撮影料は一切いただきません。
もちろん写真もお渡しさせていただきます。

・撮影はワンショット、1/160秒で終わります。一回しかシャッターを切りません。

・プロフやビューティー撮影ではありません。シワ・シミ・吹き出物、そのままです。

撮影させていただく方の生き様を撮る企画ですので、所謂、表面的な「きれい」「かわいい」「かっこいい」ではありません。
性的な美しさではなく、人間的な美しさを撮りたいのです。
髪型、服装は、ほぼ写りません。

そして、上記にも書いていますが、僕の作品として使用するのが目的ですので、お名前は公開しませんが、肖像は公開されます。
現に年末年始のTV・CMで、赤司の作品として公開されたカットもあります。
また、不確定ではありますが、写真集、写真展での使用も考えています。
もちろん、皆さんにも将来的にご都合が悪くなることもあるかもしれませんので、使用目的がハッキリしましたら、改めて事前に承諾をいただいた後に使用させていただきます。

ご協力いただける方、ぜひ撮らせてください!!!

フェイスブックのアカウントをお持ちの方は、これまでの撮影データが下記Linkからご覧になれます。

https://www.facebook.com/akashi.kengo/media_set?set=a.318689611513298.67795.100001167862902&type=3



光画師 comments(0) trackbacks(0)
新年のご挨拶
 明けましておめでとうございます!

昨年からabcは何のスタジオかわからんようになってきておりますが、今年もしっかりと写真に向き合っていきたいと思っておりますので、皆様なにとぞ宜しくお願いいたします!!


office comments(0) trackbacks(0)
表現の猛者達
 こんにちは!
赤司です。


先日、久しぶりに作品撮りをしました。

ヘッドクチュール PONY

ドレスデザイン ERIC RAISINA
ヘアーメイク 文香さん
モデル 奈月ちゃん

必然性に則った意図
その意図を一流の表現者達がそれぞれの技術と感性で具現化していく。

僕はそれを記録することしかできません。
しかし、記録者として彼らのイメージを形に残せることを心から光栄に思うのです。








光画師 comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/24 | >>